So-net無料ブログ作成
検索選択

半沢直樹 原作 ネタバレ 結末  [ドラマ]

スポンサーリンク




こんばんは。


ドラマ「半沢直樹」が高視聴率でスタートしました。

原作は池井戸潤 「オレたちバブル入行組」 「オレたち花のバブル組」です。

話題の作家ですね。



昨日はNHKで「7つの会議」でしたっけ?(;´Д`)が始まりましたし・・・・。

まさしくブームになってる作家さんです。



ここで気になるのが、原作のラストと、ドラマでのラストは違ってくるのか?

今始まったばかりなので、ドラマ脚本が結末までまだまだできていないと

思いますが・・・・・。



ドラマって脚本家によってラストが違ったりしますよね。

昨年のドラマで作家と脚本家がもめたのがありましたよね。

「脚本が原作のイメージと違ってきている」と放送打ち切りになったり

視聴率が取れなくて、予定より早く打ち切りになってしまったのも

ありましたよね(;´Д`)



半沢直樹は視聴率は今のところいいので、放送打ち切りには

ならないと思いますが・・・・・・・。



さて、ここで気になる第2話のあらすじ、ネタバレです。



半沢の勤める東京中央銀行は、西大阪スチールへの融資で5億円の不良債権を抱え込むことになり、

半沢は自身の命運を賭けて融資金の回収に動く。



そんな中、残された資料から同社の倒産が「計画倒産」であった疑いが浮上。



半沢は西大阪スチール倒産の影響で連鎖倒産を余儀なくされた竹下金属の社長

竹下清彦(赤井英和)に協力を仰ぎ、苦労の末、ついに東田社長(宇梶剛士)が海外に所有している

時価5千万円の別荘の存在を突き止める。



今夜も「やられたらやり返す。倍返しだ!!」



ちなみに原作はこちらです。





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。